ブログ

アーカイブ
カテゴリー:

今回は当社のポーラスチャックの吸着能力についてご紹介します。

基本的に標準的なポーラスチャックはポーラス面全面を吸着ワークで塞いで使用頂く必要がございます。

塞がっていないポーラス部分が存在するとそこから空気の漏れが発生し吸着力が大きく低下してしまうためです。

この吸着力の低下の割合はポーラスの粒子径によって大きく異なり、細かいポーラスであるほど空気の漏れは抑えられます。

 

そこで当社標準品である平均気孔径55μmのポーラスと最も細かい平均気孔径2μmであるファインポーラスを使用し

空気の漏れが発生する際の吸着力をそれぞれ測定しました。

 

吸着力グラフ.jpg

グラフの縦軸は測定した吸着力(N)となり、当社の吸着力測定環境は上限値が50Nであるため50N以上の力の場合は破線で仮想グラフにしております。φ200(全面吸着時)の固定力はどちらもほぼ同等となります。

グラフの横軸は実験に使用した吸着ワークのサイズとなります。今回使用したポーラスのサイズはφ200となる為、吸着サイズが小さくなるほど空気の漏れが大きくなり吸着サイズがφ200の際は全面吸着された真空状態となります。

 

結果としては吸着ワークのサイズが小さくなるにつれ吸着力も減少しますがポーラス気孔径の違いで減少度合いが大きく異なることがわかるかと思います。これは先述の通り細かいポーラスは空気の漏れが少ない為となります。

また今回は測定値を数値化する為、元となる吸着圧力を-10kPaと弱くしましたが、実際の吸着に使用する-60~-90kPa等の能力を持つ真空ポンプを使用した際の固定力はより大きくなります。

 

今回のように部分的な吸着力を重視する場合は基本的に気孔径が細かいポーラスが有利な結果となります。

但し、お客様の用途・仕様・環境によって最適なポーラスの選定は異なってまいりますので

お悩みの際は是非お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

 

このページのトラックバックURL

http://www.yoshioka.co.jp/mt4/mt-tb.cgi/51
カテゴリー:

今期の技能検定が今週末より開始します。

当社では①機械検査作業3級 ②機械組立仕上げ作業1級 ③治工具仕上げ作業2級 ④普通旋盤作業2級を総勢6名が受検します。

 

業務後や休日の貴重な時間を使用し、検定に向けて準備をしてきました。

当日は練習の成果がでるようにラストスパート中です。

 

受検する皆さんに意気込みを聞いてきました。

Yさん:3級を合格し、次は2級を目指します!

Tさん:取り組んできたことを試験で出せるように頑張ります!!

Fさん:難しすぎるけど...(きっと受かるはず!?)

Sさん:自分自身のスキルアップのため、頑張ります!

Sさん:会社の名前を背負って頑張ってきます!!

Yくん:絶対に受かります!!!

 

DSC_0048.JPGのサムネール画像

 

DSC_0001.JPGDSC_0002.JPG

 

DSC_0085.JPGDSC_0084.JPG

 

DSC_0152.JPG

 

お守りを胸に、精一杯実力が出せるよう社員一同応援にしています。

このページのトラックバックURL

http://www.yoshioka.co.jp/mt4/mt-tb.cgi/50

 

本日はポーラスチャックのメンテナンス方法について紹介を行います。

 

 

ワークの吸着を行うポーラス部分は微細な多孔質体となっており詰まりやすい製品となりますが

定期的にエアーブローや水洗浄を行って頂くことで長くご使用いただけます。

主な方法と注意事項をまとめましたので御覧ください。

ポーラスチャックメンテナンス方法について.pdf

 

 

また当社ではポーラスの貼替え修理も行っております。

「ポーラスが完全に詰まってしまい洗浄を行っても改善されない」「ポーラスに物を落として割れてしまった」

そんな時は新規購入する前にご相談ください。

貼替え修理が可能かどうか見積もりさせて頂きます。

このページのトラックバックURL

http://www.yoshioka.co.jp/mt4/mt-tb.cgi/48
<< 1 | 2 | 3 | 4 
ページの先頭へ戻る