ブログ

アーカイブ
カテゴリー:

今期の技能検定が今週末より開始します。

当社では①機械検査作業3級 ②機械組立仕上げ作業1級 ③治工具仕上げ作業2級 ④普通旋盤作業2級を総勢6名が受検します。

 

業務後や休日の貴重な時間を使用し、検定に向けて準備をしてきました。

当日は練習の成果がでるようにラストスパート中です。

 

受検する皆さんに意気込みを聞いてきました。

Yさん:3級を合格し、次は2級を目指します!

Tさん:取り組んできたことを試験で出せるように頑張ります!!

Fさん:難しすぎるけど...(きっと受かるはず!?)

Sさん:自分自身のスキルアップのため、頑張ります!

Sさん:会社の名前を背負って頑張ってきます!!

Yくん:絶対に受かります!!!

 

DSC_0048.JPGのサムネール画像

 

DSC_0001.JPGDSC_0002.JPG

 

DSC_0085.JPGDSC_0084.JPG

 

DSC_0152.JPG

 

お守りを胸に、精一杯実力が出せるよう社員一同応援にしています。

このページのトラックバックURL

http://www.yoshioka.co.jp/mt4/mt-tb.cgi/50

 

本日はポーラスチャックのメンテナンス方法について紹介を行います。

 

 

ワークの吸着を行うポーラス部分は微細な多孔質体となっており詰まりやすい製品となりますが

定期的にエアーブローや水洗浄を行って頂くことで長くご使用いただけます。

主な方法と注意事項をまとめましたので御覧ください。

ポーラスチャックメンテナンス方法について.pdf

 

 

また当社ではポーラスの貼替え修理も行っております。

「ポーラスが完全に詰まってしまい洗浄を行っても改善されない」「ポーラスに物を落として割れてしまった」

そんな時は新規購入する前にご相談ください。

貼替え修理が可能かどうか見積もりさせて頂きます。

このページのトラックバックURL

http://www.yoshioka.co.jp/mt4/mt-tb.cgi/48

2016年06月24日

JPCA Show2016の視察

カテゴリー:

 

今月の1日から3日に開催された第46回国際電子回路産業展(JPCA Show2016)を見学してきました。
この展示会では、基板の実装技術や半導体パッケージング技術など電子・通信機器に関連する企業がたくさん出展しています。
発表された来場者数は40,428名と昨年度より4%増となっており、活気にあふれた展示会でした。
今回は、吸着テーブルのニーズを検索するため、様々な企業ブースへお邪魔させて頂きました。
現在、当社吸着テーブルはワイヤーボンディングやバンプ接続、カッティングなどの装置に搭載されています。
こちらに搭載される吸着ワークはガラスエポキシなどの基板が多く、剛性が高い材料です。
フレキシブル基板のような剛性が低い材料は、Roll to Rollや粘着シート、搬送パレットへ貼り付けなどにより固定されている装置が大半でした。
最近ではフレキシブル基板にも変形を抑え、高精度に固定できる吸着テーブルの採用が多くなってきました。
新たな用途では、フレキシブル基板の表面改質や除塵クリーナーなどの装置でご検討いただいております。
枚葉式の生産方式で試作・研究を行う装置に最適です。
脱着が容易で、変形の少ない多孔質を使用したポーラスチャックの需要は更に高まりそうです。
今後も様々なニーズ開拓を行い、皆様へご紹介していきたいと思います。

今月の1日から3日に開催された第46回国際電子回路産業展(JPCA Show2016)を見学してきました。

この展示会では、基板の実装技術や半導体パッケージング技術など電子・通信機器に関連する企業がたくさん出展しています。

 

20160603_163117.jpgのサムネール画像

 

発表された来場者数は40,428名と昨年度より4%増となっており、活気にあふれた展示会でした。

 

今回は、バキュームテーブルのニーズを検索するため、様々な企業ブースへお邪魔させて頂きました。

 

現在、当社バキュームテーブルはワイヤーボンディングやバンプ接続、カッティングなどの装置に搭載されています。

こちらに搭載される吸着ワークはガラスエポキシなどの基板が多く、剛性が高い材料です。

 

フレキシブル基板のような剛性が低い材料は、Roll to Rollや粘着シート、搬送パレットへ貼り付けなどにより固定されている装置が大半です。

最近ではフレキシブル基板にも変形を抑え、高精度に固定できるバキュームテーブルの採用が多くなってきました。

 

新たな用途では、フレキシブル基板の表面改質や除塵クリーナーなどの装置でご検討いただいております。

枚葉式の生産方式で試作・研究を行う装置に最適です。

脱着が容易で、変形の少ない多孔質ポーラスを使用したポーラスチャックの需要は更に高まりそうです。

 

今後も様々なニーズ開拓を行い、皆様へご紹介していきたいと思います。

 

このページのトラックバックURL

http://www.yoshioka.co.jp/mt4/mt-tb.cgi/47
<< 1 | 2 | 3 | 4 
ページの先頭へ戻る